ナノケアとの違いは?

低温トリートメントドライヤーはプロも使用する、高スペックの低温ドライヤー
となっています。その評価は非常に高いものがありますが、高級ドライヤーで
有名なパナソニック ナノケアとのスペックを比較すると、どれだけ違いが
あるのでしょうか?

低温トリートメントドライヤーとナノケアの大きな違いは、ブロー温度です。
低温トリートメントドライヤーは60℃の低温でブローしますが、ナノケアは
一般的なドライヤーと同じく120℃でナノイーを当てながらブローします。
温度が高ければ高いほど、乾かす時間は短縮できますが、逆に高温で髪や頭皮に
ダメージを与えてしまいます。

低温トリートメントドライヤーは、低温ドライヤーのウィークポイントである
乾きにくさを解消した技術を採用していますので、髪に優しく乾きも速い!
素晴らしい商品に仕上がっています。更に、ナノケアに比べて消費電力が
低いので、電気代でも優位となっています。価格面でもナノケアより
優位であり、しかもコスパが高いとなれば、低温トリートメントドライヤー
の方がおすすめできるということになります。

低温トリートメントドライヤーの公式サイトはこちら!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ